クレジットカードの審査基準は会社によっていろいろなので、同じ「スタンダード」のクレジットカードでも審査に通ったり落ちたりということがあるのは以前にお話ししましたよね。

なぜ、審査基準が違ってくるかというと、カードを発行している機関が、いろいろあるためです。発行している機関は、大きくわけて、銀行系、信販系、流通系、消費者金融系とあります。

銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の審査の違いをみると、銀行系が一番厳しい審査をするといわれ、逆に、審査に幅があるといわれているのが、流通系や消費者金融系です。

クレジットカードを作りたいけど、年収が少ないからだとか、若いから審査に通るかどうか不安という人に、銀行系・信販系クレジットカードに比べ審査に通りやすいといわれている流通系・消費者金融系のクレジットカードを幾つか紹介しようと思います。

shinsa03.jpg

まず、流通系クレジットカードの代表ともいえる、ライフカードは審査に通りやすいといわれています。ポイントサービスが断然お得なのが最大の特徴で、入会金・年会費が無料で所有しやすいこともあってか、若者に人気のクレジットカードです。

そして、消費者金融系のクレジットカードでは、アコムマスターカードがオススメです!フリーターの方などでも、発行できるように、敷居はかなり低めに設定されているようです。

スピード審査が特徴で、カードもスピーディに発行されます。すぐにクレジットカードが欲しいという方にはいいかもしれませんね。何と言っても、ブランドは「マスターカード」ですからね。国内だけでなく世界中で利用することができますよ!
クレジットカード審査に落ちるのには、いろいろな理由があります。もちろん審査に通らなければ、クレジットカードを所有することはできません。

審査が甘いクレジットカードがあるとはいいましたが、クレジットカードやキャッシング等の審査をする上で良く耳にする、ブラックリストに載っている人は、いくら審査基準が甘くても、クレジットカードを発行するのは難しいといわれています。

それはそうと、そもそも、ブラックリストとは、いったいどのようなものなのでしょうか?

shinsa02.jpg

一般に、ローンを組んだり、消費者金融などからお金を借りたという情報は、個人の情報として記録されていきます。その情報は、信用情報といわれていて、カード会社やクレジット会社、消費者金融などでは見ることができます。

信用情報も、支払期限をきちんと守り、何も問題なく返済している場合は単なる情報です。しかし返済が遅れがちだったり、返済出来なかった場合は事故ということで記録が残るんです。

結論からいうと、実際にブラックリストというリストは存在しません。返済に度々遅れたり、返済をできなかったなどの事故を起こした人が、ブラックリストに載ったと言われるわけです。

ただ、実際にブラックリストというリストは存在しないとしても、信用情報としてカード会社やクレジット会社等でつかむことができるようになっています。カードを使うにしても無理なく、きちんと返済できる範囲で利用するよう気をつけたいものです。
クレジットカードは、個人の信用をもとにして支払いを先送りすることができる、とっても便利なプラスチックカードです。

カードの種類には、AMEX、Diners、JCB、MasterCard、VISAの5大国際ブランドがあって、カードランクは、一般カードからゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードがあります。

クレジットカードを利用する際は、業種によって異なりますが、カード会社は代金の数%をカードの使用料として、店舗から支払ってもらってます。

今では、学生カードもあるくらいですからね。クレジットカードを利用する人は、ほんと多くなっています。でも、中には、いろんな問題等があってクレジットカードを持ちたいけれど、どうも今の状況では持つことができないようだ・・・

という人もいるでしょう。しかし、そういう人でも可能性がゼロでというわけではありません。何故かというと、審査の甘いクレジットカードがあるからです。

shinsa01.jpg

クレジットカードの審査をするのは、当然、クレジット会社ですよね。そのため、カード会社によって審査基準が違ってくるわけなんです。ある程度似ていても、審査基準は一律ではないんです。

そう、クレジット会社個々の基準で行っているのです。その為、基準が甘い会社も存在してくるわけなんです。ただ、審査の甘いクレジットカードというのはそれなりにデメリットもあります。

ですので、慎重に選ぶ必要があります。ただ、その前に、自分自身、本当にそうまでして、クレジットカードを持たなければならないのかを考えてみるのもいいでしょう。